サラリーマンなら、自分で確定申告を行う必要はない。しかし、フリーランスはクライアントが源泉徴収や納税をしてくれるわけではないため、自分で確定申告をする必要がある。簡単なのは白色申告で、単式簿記などの簡単な経理手続きのみで行うことが可能だ。だが、白色申告では実際にかかった費用を全て経費にできるわけではなく、経費にできる項目が限定されている。売上から引ける金額が少なくなり、所得が多くなることで税金も増えるのだ。

そこで行いたいのが、青色申告である。メリットとしては、青色申告特別控除として、最大65万円が控除されることが挙げられるだろう。その他、白色申告では控除できなかった経費が経費として認められるため、所得を大幅に減らすことができる。

フリーランスは、もちろん個人であるため退職金もない。退職金が欲しい場合には、自分でその分を積み立てる必要があるだろう。普通に積立てても特に節税対策にはならないが、いくつかの方法を取ると節税ができ、退職金に変わる給付が受けられる。

それが小規模企業共済と呼ばれる制度で、個人で加入できる退職金積立制度だ。自分で一定の掛け金を払う必要があるが、その分が所得控除になる。その他、個人型確定拠出年金の拠出額も所得控除にできるのだ。これは年金制度の一つだが、自分で普通に資産を積み立てても所得控除は受けられない。うまく制度を利用すれば、税金を減らして資産を積み立てられる。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 働き方に注目せよ. All Rights Reserved