エンジニアは、フリーランスとして働こうと決断する場合があるが、その際に掲げる目的として典型的なものが3つある。1つは、収入を稼ぐことだろう。企業に勤めていてもあまり給与が上がらないことを不満に思い、独立することが多いのだ。フリーランスになれば、仕事の量を増やすほど稼げるようになるのが特徴である。スキルが上がり実績が増えれば、単価も上がっていくため、より収入アップを目指せるのだ。結果として、サラリーマンのときよりも飛躍的に年収が増えたというエンジニアも少なくない。

2つ目は、キャリアアップのために独立するというものである。フリーランスをした経験は、企業では重宝されるのだ。実務的な遂行能力が高まることに加え、経営者や管理者としての視点が身につくことが高い評価につながっている理由である。キャリアアップの一環として捉え、管理職を目指したいという人がよく選ぶ。

3つ目は、ワークライフバランスを保てることだ。フリーランスの場合には、仕事の量を自由に調節できるため、働きたいときには働いて私生活を優先したいときには仕事を減らすことができる。交渉によっては仕事時間なども調節でき、ワークライフバランスを整えやすいのだ。

これらのどの目的を掲げている場合でも、自分なりの働き方を実現しやすいのがフリーランスのメリットといえるだろう。働き方にこだわりがあるエンジニアにとって魅力的なのが、フリーランスなのである。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 働き方に注目せよ. All Rights Reserved