フリーランスのエンジニアは、働いている間にどのような姿勢で能力を高めていくかによって将来性に大きな違いが生じる。IT業界では、経営者候補や管理職候補になる素養を持っているエンジニアが少ないことを嘆いている現場が少なくない。

そのため、フリーランス経験のあるエンジニアは候補者としてよく注目される。それを利用して、次のキャリアとして企業の経営者や管理職となることを目指すのはいい手段だ。高い給与で働けるだけではなく、成果を上げると社会に大きな影響を与えることができ、やりがいを感じられるだろう。

そこで、フリーランスの間に身につけるべき能力が2つあるため、前向きに習得を試みるのが大切だ。まず重要なのが、経営視点を持ってクライアントと対峙できるようになることである。クライアントの利益を考えたうえで、システムを提案できるようになることを目指すといい。経営視点が身につくと収入と支出の管理ができるようになり、いかにして収益を上げるかという考え方が身につくからである。

それと合わせて、自分の収支の管理を徹底して行うのが重要であり、身につけた経営視点を発揮する機会になるだろう。経営に関するノウハウ、収支の管理という2つの能力を身につけると、企業にとって利益をもたらす管理能力がある人材として認められる。これが経営者や管理職としての基礎であり、その候補者として採用してもららう将来性を獲得するには欠かせない能力だ。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 働き方に注目せよ. All Rights Reserved